けテぶれ〜学習力を伸ばす宿題革命〜

自立した学習者を育てるため、「けテぶれ学習法」を考案し、実践しています。教育に関することを千思万考し、見えたものを投稿します。フェイスブック:https://www.facebook.com/shota.kuzuhara ツイッター:https://twitter.com/barikii

【心マトリクス 学年集会 月編】

最近、ルールが緩んできています。

廊下の歩き方、上靴の履き方、授業中の態度。掃除の仕方。

どうですか

みんなはどうすべきかわかっていますよね。

廊下を歩くときはどうすべきなのですか?

静かに歩く。

そうですよね。

 

でもできない。

わかっていてもできない。

このことを先生は心に負ける。と言います。

サボり心に負けてるんです。これではだめだ。

 

先生はこんな図を使って話をします。

f:id:human154:20181027222044p:plain

心マトリクス

さて。さっき先生が言ったことはこの図のどの辺の話かわかりますか?

 

そう。ここですね。

心に負けるとはここに書いてある。

その先にはなんと書いてありますか?

正当化。そうです。だって〇〇だもん。

だってこうだったからしょうがないじゃん。

これを正当化と言います。

 

やるべきでないことをやってしまっているのに、その姿が正しいといってしまうこと。

何が怖いかというと、自分の力で戻ってこれなくなることです。

自分で自分はあってる。って言っちゃうんですから。

 

この正当化はまだ悪化します。

自分でこれはダメだなぁと思ってても「だって

その次は友達に注意されたとき、「だって

最後は、先生や、お家の人に注意されたとき「だって

 

自分の弱い心にブレーキがかけられない。

どんどんサボり心が大きくなる。

 

最後に待つのは、これです。虚無感。

虚無感の虚とは、虚しいという意味です。

無は何もない。サボってサボってその結果何かを得られることはありますか?

実力が高まりますか?成長できますか?

できませんよね。サボってサボって、それが正しいんだ!と正当化し続けた先に待つには、

大きな虚無感。結局自分の手元には何も残らないんです。

掃除をサボって、廊下を正しく歩かず、君たちが得るものは何かあるだろうか。

 

ではどうすればいいのか。

反対側をみてください。

 

わかりますね。心に勝てばいいのです。

合言葉は「いいやまだまだ」です。

今の自分に満足せず、今の自分の姿を正当化せず、高まろうとする。

これが心に勝つということです。

 

心に勝ち続けた先に待つのは。「習慣化」です。努力が当たり前になるのです。人から見たらものすごく努力しているように見えるけど、その人からすればそれが当たり前。かっこいいよね。さっきの反対。

こういうことを積み上げば、成長できる?実力が高まる?

ものすごく高まるよね。

 

その結果どうなるか。「誰もできないことをする。誰も知らないことを生み出す。」

こうなる。こんなことができている有名人を知っていますか?

 

羽生結弦イチロー。ジョブス。将棋の藤井くん

 

そうだね。彼らの生活をみたときに、みんなの当たり前の生活と同じような生活をしているだろうか。

多分していないよね。

彼らにすごいですね!っていうと彼らはなんというだろうか。

多分、もう当たり前になっちゃってます。っていうよね。

そういうことです。

 

当たり前のように誰もできない努力を積み上げ、日々自分を磨いている。

だから彼らの生活はとても「充実」しているのです。

充実の充は、充ちる。実りがたくさん充ちているという意味です。

 

でも忘れちゃいけないのが、彼らは初めからそんな生活をできていたわけではないということ。

何度もやめたいと思ったことがある。小さい頃は泣きながら練習をしていた。才能がないと言われた。

偉人にはこんなストーリーがある。わかるよね?

そのとき彼らはどういったか。「いいや、まだまだ」だよね。

そうやって心に勝って、自分で自分の当たり前を高めていって、充実した生活を手に入れたんだよね。

 

廊下の歩き方、授業中の態度、掃除の仕方。

なぜみんなは頑張らなきゃならないのだろうか。

 

「心の力を強くするため。」だ。

 

やりたくないけど、頑張ろう。

しんどいけど、踏ん張ろう。

このくらいでいいかな「いいやまだまだ。」

 

こうして自分の当たり前を高める練習をしているのです。

心に負けた自分を見つめ、心に勝つ練習をしなさい。

 

こうして君たちが得られるものが、心の強さです。強い心を得るのです。

 

これが君たちの人生にとってどれほど大切か。

掃除が下手くそでも生きていける。

宿題をサボってしまったからと言って、君たちの人生が壊れることはない。

ただそこで、弱い心に勝って努力せず、弱い心のままで社会に出てしまえばどうなるか。

 

君たちの人生は台無しになります。

心の強さとはそういうことです。

 

さて、今の自分はどうだろう。

この縦軸のどこにいる?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは心マトリクスの「月軸」に関する語りです。

とても大切ですが、これだけではしんどくなってしまう。

「太陽軸」への意識も大切です。