けテぶれ〜学習力を伸ばす宿題革命〜

自立した学習者を育てるため、「けテぶれ学習法」を考案し、実践しています。教育に関することを千思万考し、見えたものを投稿します。フェイスブック:https://www.facebook.com/shota.kuzuhara ツイッター:https://twitter.com/barikii

【勉強がうまくできない原因】 ①計画性がなく本番に間に合わない/計画だけ立てて満足してしまう

「け」をして満足タイプ。

計画を立てて、なんかもうできた気になっているタイプ

自分で力強く進む根性不足ですね。

「れ」だけの力技で進むタイプの逆です。

こういうタイプにはこれですね。

「できるできないじゃない。やるかやらないかだ!」

大人になればなるほどこういう人が増えてくるのかもしれません。

大切なのは動くこと。

計画は行動を伴って初めて機能します。

そして、動くたびに計画をアップデートしていくことも大切です。

 

「け」だけが抜けているタイプ

テスト、分析、練習。とすごくきっちり質の良い学習ができているのだが、

計画がないために、テスト日までに範囲が終わらなかった!というパターン。

けテぶれをやり始めてコケるパターンはたいていこのパターンです。

大分析をすると、「テスト範囲をちゃんと見ていなかった」「一回しかできず、苦手を潰す時間がなかった」など

学習を点でしか見れていなかったという記述が多く見られます。

ここで気づくのです。コケて気づく。

エラーです。エラーがあるから、次のトライがあるのです。

 

たくさんたくさんトライ・アンド・エラーを繰り返させてあげましょう。

それが学習者としての学びです。