けテぶれ〜学習力を伸ばす宿題革命〜

自立した学習者を育てるため、「けテぶれ学習法」を考案し、実践しています。教育に関することを千思万考し、見えたものを投稿します。フェイスブック:https://www.facebook.com/shota.kuzuhara ツイッター:https://twitter.com/barikii

心マトリクス的【ドラえもん】考察

今日は心マトリクスを使って、ドラえもんの構造を考察したいと思います。

通常放送時と映画時の構造の変化についても言及します^^

 

まず通常放送時。

ドラえもんに出てくるキャラが 心マトリクスのどこに位置付くのかを考えてみましょう。

 

まずドラえもん

彼は主人公として星ゾーンに位置付きますね。

f:id:human154:20180607180608j:plain

優しいうえに、ひみつ道具を使えるという誰にも真似できない特性を持っています。

 

次にのび太。彼はココですね。

f:id:human154:20180607180741j:plain

勉強。サボりまくります。その結果成績は0点連発。運動もダメダメ。しかし彼は人に優しく、困っている誰かのために動くことができる。なのでみんなに嫌われることはありません。見ていて嫌な気持ちにはなりませんもんね。 

 

続いて、のび太の対となる存在。ジャイアン。彼の位置付けはここです。

f:id:human154:20180607180924j:plain

 

まず一番左。自己中心的に振る舞う。お前の物は俺のもの思想ですね。のび太を傷つけ、リサイタルでは人に迷惑をかけます笑

なおかつ、誰にも負けない腕力を持っています。これがまたたちが悪い。自己中な振る舞いを周りは止められません。なので誰にも負けない強みを持っているという点で、月属性も強いということが言えます。心に勝って、習慣化した末に手に入れた力ではないんですけどね(^_^;)

 

さらに見ましょう。しずかちゃん

彼女の位置付けはここかな?と思います。

f:id:human154:20180607181052j:plain

真面目できっちり。人にも優しい。でもそれぞれの属性が際立っているわけではない。

 

スネ夫の属性は…ちょっとまた別の機会に。ジャイアンの威を借るスネ夫はまた面白い考察ができます。

 

以上心マトリクス的に見た主要キャラの位置付けはこうなります。

 

f:id:human154:20180607181837j:plain

ドラえもん」といえば、ドラえもんのび太ジャイアン。こうなる理由がわかりますね。彼らはちょうど対極の属性をもっていて、キャラクターとして際立っているのです。静香ちゃんは唯一の異性という特性でもって、目立ちます。同じようなキャラの出来杉君はのび太たちと同性であるため、しずかちゃんの存在感には負けてしまいます。

 

さて。これが映画だとどうなるか。ありがちな展開で行くと、

まずドラえもんがいなくなるもしくは、壊れてしまう。

次にしずかちゃんがさらわれる。

f:id:human154:20180607182134j:plain

だいたいこの2つのピンチが訪れます。なぜピンチか。この2人は☆に近いキャラ。いなくなられては困るのです。

 

それを受けて起こるのがのび太の覚醒

彼はそこそこのピンチには逃げ腰ですが、大ピンチになると凄まじい精神力を発揮します。つまり月属性が発現するのです。さらに、射撃という誰にも負けない能力も出します。心マトリクス的にはこういう動きになります。

f:id:human154:20180607182235j:plain

 

しかしそれでも敵わない敵、どうしようもない状況がのび太を苦しめます。

そのとき次の展開が現れます。

 

その展開とは、ジャイアンが優しくなる

f:id:human154:20180607182309p:plain

ドラえもんの映画あるあるですね笑

ピンチに陥ったのび太ジャイアンが救うのです。自分の腕力を困っているのび太のために使う。

 

心マトリクス的にはこういう動きです。

f:id:human154:20180607182331j:plain

 

もうお気づきでしょうがのび太ジャイアンは、失われた☆属性を、協力して補おうとしていたのですね。対極にいる2人が、自分に欠けているところを乗り越え、力を合わせて☆を実現する。こういう構図な訳です。

 

 

f:id:human154:20180607182523j:plain

 

 

自分の弱点を乗り越えようとすること。自分の強みを誰かのために活かすこと。

人はこういうところに本質的な美しさを感じるのかもしれませんね。

 

こうやって具体例を示すと、心マトリクスの深みがわかってくると思います。

人間社会で起こることの多くがこの心マトリクスで説明できるのです。

それを子どもたちに与えてやることは、自分は今どういう状態なのか、目指すべき姿はなんなのかを考えるための一つの指針とすることができますよね。

 

現在位置を知り、目指すべき目標を知る。

「けテぶれ」でやろうとしていることと同じです。

「けテぶれ」「学習界マンダラ」は知性(個人と集団)における道しるべ。

「心マトリクス」は徳性における道しるべなのです。

 

 

 

ーーーーーー追記ーーーーーーーーー

 

普段のドラえもんの様子、映画版ドラえもんの様子がよくわかったね。

 

で、何がいいたいか。

 

心マトリクスはこのようにアニメやドラマ、社会で起こっていることなどの多くを説明できる。

このクラスのことも当然説明できる。

 

ドラえもんは先生です。

先生は「けテぶれ」「心マトリクス」「学習界マンダラ」「図考」などいろんなひみつ道具をみんなに渡しましたね。

 

でも先生はドラえもんみたいに困ったことがあったら何でもかんでも助けてあげるつもりはありません。

先生がいないと何も解決できないクラスなんて頼りないよね。

みんな成長しません。

ドラえもんのキャラクターも成長してないよね笑

 

のび太はいつまでもテストで0点を取るし、ジャイアンスネ夫が反省していいやつにならない。

なぜかって、全部ドラえもんひみつ道具でトラブルを解決しちゃうからだよね。

 

先生はみんなを成長させたい。だから最低限、超重要な秘密道具を渡したあと先生はできるだけみんなの前からいなくなります。

 

つまり、このクラスは、映画版ドラえもんみたいなクラスになってほしいんです。

 

ドラえもんがいなくなった世界でみんなはどうなったか。

それが自然学校でしたね。

自然学校で揉めに揉めた。これはどういう状態だったか。

自己中で力のあるジャイアンに、スネ夫がついた。

そして閉じたグループが出来上がった。

 

閉じたグループは自分の希望を通すためだけに暴れた。

その結果クラスが大混乱した。不幸のどん底に突き落とされた。

 

でも、思い出してください。

その混乱の中で、あるべき姿を見て、なんとかしようと動いた人がいたと思います。

そう。ドラえもんはいなくなりましたが、やるべきことを捉え、人の気持ちを考えられる

しずかちゃん(できすぎくん)タイプの人がいたのです。

 

また、もう何でもいいからとにかくもめないで!というのび太くんタイプもいたでしょう。

 

そしてジャイアンスネ夫の閉じたグループをつくってしまったも気づいたはずです

閉じたグループがクラス全体に及ぼすマイナスのエネルギーに。

 

そしていま、このクラスでは閉じたグループを開く努力をしていますね。

この動きを更に加速させるためには、ここから、みんなが見る方向を揃えなければなりません

どちらの方向を見るのか。

誰が指し示す方向を見ればいいのか。

もうわかりますよね。あの嵐の中、正しい方向に集団をもっていこうと奮闘していた人たちが指し示す方向です。なぜこの人達があの嵐の中、集団を導くことができなかったのかそれは、心マトリクスの位置付けて、静香ちゃんのポジションはここだからですよね。

属性がマックスののび太ジャイアンドラえもんには及ばない。

影響力が足りないのです。

ジャイアングループの言うことってなかなか無視できないですよね。影響力が強いから。

それに対してしずかちゃんはここ。

みんながしっかりとここを向いてサポートしないと、だめなんです。

そしてみんながこの方向を向いて、自分の弱点、欠点を補おうと努力し始めた時、

映画版ドラえもんの世界が出来上がります。

これを「ジャイアント・キリング」と呼びます。

 

ジャイアントは巨人。キリングはまぁ、やっつけるって意味です。

 

映画に出てくる悪者。最初は到底勝てそうもなかった悪者をやっつけられるような力を発揮することができる。

そのためには、閉じたグループを開くこと。そして、みんなで同じ方向を向いて、それぞれの課題を乗り越えるように努力することが大切なのですね。

 

 

 

しずかちゃん・できすぎくんフォーマー

のび太くんサイレント

ジャイアン撹拌者

スネ夫フォロワー

 

どらえもんのひみつどうぐに頼りきりのクラスはあんまり頼もしくない。

 

ジャイアンが牛耳る世界では不幸になる

 

のび太は何もできない

 

しずかちゃん出木杉くんは影響力が乏しい。

 

じゃあどうするか。

まず撹拌者が集団を乱すところから始まる

 

集団全体が不幸のどん底に叩き落される

ここから。

 

全員の自覚。

あるべきすがたの共有。

 

それに気付けるのは、しずか出木杉

かたちづくる。

 

その上で、撹拌者がそのベクトルに乗って努力する。

 

すると、ジャイアントキリング