けテぶれ〜学習力を伸ばす宿題革命〜

自立した学習者を育てるため、「けテぶれ学習法」を考案し、実践しています。教育に関することを千思万考し、見えたものを投稿します。フェイスブック:https://www.facebook.com/shota.kuzuhara ツイッター:https://twitter.com/barikii

けテぶれ学習法感想集(保護者版)

保護者の方々にもお子さんのけテぶれ学習法を見て感じられたことを書いて頂きました。まだ全員回収できていませんが、書いていただいていることが嬉しすぎるのでフライング紹介します。

いやぁ。保護者の方に理解していただいていることは非常に嬉しいですね。

まだまだいきます。

まだまだ進化のアイディアがあります。

頑張ります。

 

  • 「けテぶれ学習法」に取り組むようになってから、今までのようにただ単に漢字を練習したり計算ドリルをするという与えられたことをこなすだけの学習から、自分で材料を探す(辞書であったり家にあるテキストや本など)ことから始まり、けテぶれ通信をもとにお友達のやり方を取り入れたり、たっぷりと時間をかけて工夫するようになりました。自分で考えてノートを仕上げていくことは今後の学習にとても役立っていくと感じています。また、先生が提出した、しないだけでなく、きちんと内容を見てコメントしてくださるのは子どもにとってとても励みになってやる気を引き出してくれていると思います。

 

  • けテぶれ学習法を知り、100点が取れるようになりました。転勤族で全国に転向する可能性が高いので早めに全国に普及させてください。どこの学校に転入してもけテぶれ学習法で学ばせたいです。

 

  • 自分の長所短所が分かるようになるので、苦手なものを克服するにはどうしたらよいかを自ら考えるようになり、自己認識を深めるのに大変役立つ学習法だと思います。理解する方法は一つではなくいろいろな方法があり自分にとって有効な方法を自ら選べるようになりこれを機会に学習が楽しくなればよいなと期待しています。これからもどうぞよろしくお願いします。

 

  • 「けテぶれ学習法」で前向きに宿題に取り組めています。自分の状況を客観的にとらえることができ、学習面だけでなく生活面においても役立っています。

 

  • 自分で工夫して考えながら宿題をしている姿は楽しそうに見えます。ただ漢字ドリルや計算ドリルをしているだけとは違います。みんなそれぞれ自分に合ったスタイルで勉強を工夫してやっていくことが向上心につながり成績アップにつながっていく良い方法なのですね。

 

  • 今まで惰性でしていた宿題にとても意欲的に取り組むようになりました。習っていないこともどんどん進めてよいという方針は最初は正直、戸惑いもありましたが(習っていない漢字の書き順など大丈夫かと思いましたが、そのあたりは親がフォローしたり後で修正すればよいと思えました)自分でペースを作り、楽しく勉強を進められるようになり、本当によかったと思っています。

 

  • 宿題をするのが楽しそうです。
  • 楽しく学べるようになりました。ありがとうございます。

 

  • 今までは間違ったところをやり直しすることがいやでした。苦手意識がありました。目を伏せがちでした。でもなぜ間違ったかのかを自分の間違いに向き合い、取り組むことができるようになりました。理解できないところをお友達に教えてもらえる喜び、教えてあげる楽しさも感じることができているようです。

 

  • 自ら調べ学習する力が付いてきていると思います。「けテぶれ学習法」には様々な面白い仕掛けがあり、100点以上の点数を取ることもできます。本人はそれが楽しいようで、自主的にいろいろと調べるようです。これからもたくさんの仕掛けをぜひぜひお願いいたします。

 

  • けテぶれ学習法に取り組むと「やっていて楽しい気分になる」「やる気が出る」と本人は申しています。親としては自由な宿題に当初驚き、受験勉強をしているお子さんの負担を軽減するためかなと思いました。「自分で選ぶことが本人の活力になる」ということが今は理解してまいりましたが、どうも「同一の課題を与えてもらうこと=同一の達成度」という認識が長いので自由な学びに不安を感じる親も出るかも…と思います。到達度は個々人の問題で差があるのはしょうがないのですが、どうしても親は中位層以上であることを望みます。親、大人への説明がたくさん必要と思います。

 

  • 単に宿題をやるときはたんたんとこなしているだけですが、自分でやり方や問題を考えているときはゲームのように楽しそうに取り組んでいるように思います。分からないことも自ら調べています。そうやって子どもたちの知らないうちに知識となり、勉強が楽しいものになってほしいと思います。

 

  • 「けテぶれ学習法」に関心を持ち、家でもよく話をしてくれています。今後息子にも積極的に参加するように話しました。が、どうやって行うのか理解不足のところもあるかもしれませんので先生からもお声かけよろしくお願いいたします。毎日楽しく学習をする姿を見てとてもうれしく思っております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

  • 一人ひとりをほめてもらえることはうれしいことなので良い企画だと思います。なんとなく書いたことがよいことなんだと実感もわきますよね。いつもありがとうございます。名まえを書いてくだされば見つけやすいと思います。

 

  • 応援しています!がんばってください!

 

  • 自分で学習していける子の4年生から「けテぶれ学習法」をしていくことはとても良いことで、いい習慣が付いてくると思います。勉強は自ら学ぶことで楽しくできるんだと実感しています。今年度だけでなく、5,6年と続けていってほしいです。我が家では勉強だけでなく、いろいろなことに「けテぶれ」を使わせていただいています。

 

  • 4年生になり、けテぶれの宿題をやりだし、初めはお度も自信やり方や意味が分かっていないのでは?という感じでした。そしてこのやり方であっているかも親は分からず子どもが学校の授業についていけるのか不安でした。でも、最近ではやらされている宿題ではなく、自分で考えてこれをやらなきゃいけないと宿題をしている姿を見て感心しています。

 

  • けテぶれの「れ」の部分に注目してノートを見ています。文章の中の言葉の意味を調べてみたり、習った字を使ってほかの文章を作ってみたりと、覚えるためのいろいろな工夫をしているのでなるほどね!そこが気になるのね…と苦手だったり興味があったりする部分が見えてきて楽しいです。けテぶれ通信ではほかの子供たちの勉強法も知ることができるので、こちらも見ていて楽しいです。男と女の子の勉強法も違うなぁと思いました。

 

  • とても楽しそうにけテぶれに取り組んでいます。お友達の勉強方法の話などもしてくれ、いい意味での競い合いがあったり、わからない所を教えてもらったりなど理想的な学びの姿があるようです。私もこんな勉強方法で学習したかったなーとちょっぴりうらやましいです。漢字の丸つけのときに間違った漢字に丸をつけてしまったりなど、わずかな違いを見逃してしまうことがたまにあるので、ときどきチェックしたほうがいいと思いました。

 

  • 自分が間違えた箇所を見直し、練習復習する勉強方法は素晴らしいと思います。4年生になり自分なりの学習ができるようになったと思います。先生ありがとうございました。

 

  • 自分のやり方で向上しないときにクラスメイトのやり方をお手本にしたりお互いにアドバイスをし合ったり子どもなりに考えて日々進めているようです。今まであまり話す機会のなかったお友達とも関わりあえた日には帰ってくるなりお友達自慢が始まります。皆さんが頑張っておられるのでわが子も張り切ってけテぶれに取り組みますが、時間配分や体調の良しあしでの臨機応変さはまだまだといったところです。