けテぶれ〜学習力を伸ばす宿題革命〜

自立した学習者を育てるため、「けテぶれ学習法」を考案し、実践しています。教育に関することを千思万考し、見えたものを投稿します。フェイスブック:https://www.facebook.com/shota.kuzuhara ツイッター:https://twitter.com/barikii

けテぶれ感想集

けテぶれ学習法に7ヶ月間取り組んだ小学校4年生の子どもたちの感想です。
 
成績UP
成績が良くなる
100点を取れるまでの道になっている
100点が多くなった
けテぶれをするお陰でやり方が分かり成績が上がった。
けテぶれのいいところは前よりテストの点が高くなってきたところです。
計画を立てて、一回テストをして、間違えたところを分析して、練習して、成績が上がりました。
テストで点が上がってきた
漢字のテストで100点が取れるようになった
自分の弱点を見つけられるようになって、成績も上がった
 
能力UP・生活
けテぶれがあるおかげで自分に甘くなくなった。
けテぶれは心に負けたら手を抜いてしまう。
けテぶれをするとサボることがなくなる。
集中力が上がった。
知らないことを知る力がつく。
お母さんに怒られてムカムカ⇒何が悪かったかを分析⇒あやまる⇒次からどうするかは練習。こんな風に生活にも使えています
自分はケアレスミスが続出していたけど、意識できたからだいぶへった。
けテぶれをすると、勉強以外の知識もたくさんつく。
普段の生活でも使える。
単元の意味がわかる。
努力ができるようになった。
漢字は、習っていない漢字も調べて練習できるので、新聞など書きやすくなりました!
 
実感
かしこくなったかもしれない!効果、意味が絶対ある!
最初はけテぶれがあまり好きじゃなかったけど、今になって前よりかはまだ良くなったと思う。
自分ではよくわからないが、成長した実感がある。
 
けテぶれ概要
ただ感じや算数をひたすらやるだけではなく、しっかり計画を立てて、テストをして、分析をして、練習をやったほうが宿題のやり方としていいと思う。
やる順番があって、やりやすい。
けテぶれは僕にいろんなことを教えてくれました。将来も一生使いたいです。人ぞれぞれけテぶれのやり方などがあります。それをまとめて出してくれるのがけテぶれ通信です。色々なことを知って自分で進化できます。
 
 
計画
計画の大切さが今でもわからない
計画を書けるところがいい。
けテぶれで次何を勉強すればいいかわかる
テストまでの計画をしていると、その日何をするかがわかって100点をいっぱい取れるようになった。
週に1回くらい、週分の計画を立てると、その日に何をすればいいか迷わないでできる。
 
分析練習
自分のわからないところがわかる。
分析で間違えもよく分かるからすごくいい。
毎日けテぶれを見ていて、注意を書いているから間違いもだんだん減ってきているからいいと思います。
自分の悪いところやいいところがわかる
自分でできないことを自覚して、練習するのは効率的
分析を書けるから苦手なところを発見しやすい
自分の思っていることが書けるのでいい
分析で嘘をつかずに〇〇が難しかったなど正直に書けるところがいい
間違えたところだけをたくさん練習できるのがいい
ちゃんと分析をしたら「練習」でしっかりと勉強できるからいい。
自分の苦手が見つかって、その苦手をなくせば100点が取れる。
わからなくて戸惑ってしまうときも、分析して練習すれば大丈夫
分析で自分の成長や頑張りがわかって「頑張ろう」という気持ちがわいてくる。
けテぶれファイルに書いてある「よみ1よみ2とき1とき2」が載っているから、間違えた原因がすぐに分かるし、どんな練習をしたらいいかもすぐわかる。
ついついいっぱいやってしまい、寝るのが遅くなる。だけど最近できるようになってきた。
練習もいっぱいできるようになった。
分析をすることで間違えたところのやり方などを説明して間違えないように出来る
 
キーカード
キーカードに間違えた問題わからないところを描いてテスト前に観るとテストで良い点数が取れたのでよかったです。
キーカードに描いたらすぐに覚えられた
苦手をキーカードに書くと、これは描いたよ〜みたいな感じで逆に覚えてしまう
小さくてどこでも入るし、すぐに出せるからいつでも復讐できて勉強になる。
将来キーカードを使ってなんでもできそう
自分でテストをやる前に、キーカードを見ておくと頭に入る。
テスト前に見れるのですごく便利
キーカードで苦手を捕まえておける。
すぐキーカードに書きたくなる
キーカードはあまりかくときがなかったけれど、今はキーカードにたくさんのことを書いてそれがテストに役立ったのでキーカードは意外と便利だと思った。
キーカードではわからないところをしれてテスト前に読み返して良くなることがある。
自分が苦手な所を何回も解く内に解き方がわかっていい。使いやすい。
キーカードができてから、汚い字を間違えにくくなった。
キーカードがあるおかげであまり時間がなくてやらなかったことが出来るようになった
キーカードがあれば間違えたところを書いておいて、何日でもキーカードを見れるから間違えたところを覚えやすい。
 
楽しい
キャラクターを描いたりして楽しい
今までの宿題はただやるだけでしっくり来なかったけど、けテぶれをやると宿題が好きじゃないのに自然と楽しくなってきて毎日宿題をやるのが楽しみです。
今までの宿題よりダントツ楽しい&やりやすい。
3年生までの宿題の仕方とは違うけど4年制になってけテぶれって何って思ったけど、やっていくうちにだんだん楽しくなってきた。
楽しくなってきたりした。
毎日楽しく勉強ができています。
少しめんどくさいときもあるけど、頑張れる。
勉強がやりたくなる
 
ファイル
けテぶれファイルは自分がどこが苦手かわかりやすい
けテぶれファイルにも苦手が詰まっているのでキーカードのように見返しが出来る
自分がこの計算ドリルのページで何点だったか、どこが良かったかを見れるので便利!
 
けテぶれ通信
けテぶれ通信があるおかげで役に立っている。
キーカードとも合体できる。
けテぶれ通信のお陰で工夫もいっぱいできるようになった
 
将来
将来役に立ちそうです。
将来迷った時役立ちそう
将来、努力しなきゃならない時に役に立つ
集中力ややる気の高め方を考えられるので、将来の役に立つ
将来仕事とかでけテぶれができればいい成績が出せると思う。
「分析」は会社員になったら店の売上とかに使えそう「計画」はコンビニの店員になったらこうして売上をあげようとかに使えそう
高校や大学に入るときの試験で勉強系では完璧に100点を取れるようになると思う
練習をする時、今日はどんな練習をしよう?と思って、自分流の勉強が考えられることが将来役に立ちそう。
分析をすることによって、毎日自分の弱点わからなかったことがノートをみるとすぐわかる。(けテぶれファイルにもまとめて書いてある)
 
解ける⇒説明できる⇒教えられる
人に教えたりするときにも役に立つ
今までは問題を解けたら終わりだったけど、今はその問題を説明するという事が増えた
普段やらない説明を出来て、説明をしましょうという問題に答えられるようになった
 
授業との連動
わからないところがわかって、授業で教えあいがあるので、少しずつ勉強が楽しくなってきた。
 
勉強法
けテぶれより、けれテぶのほうが自分にはいい。
れぶテけもいい。
3年生のときのやり方でやっているときもある。
一つ一つのノートが大切になる