けテぶれ〜学習力を伸ばす宿題革命〜

自立した学習者を育てるため、「けテぶれ学習法」を考案し、実践しています。教育に関することを千思万考し、見えたものを投稿します。フェイスブック:https://www.facebook.com/shota.kuzuhara ツイッター:https://twitter.com/barikii

けテぶれ学習法

けテぶれの始め方・会話形式

宿題ってなんのためにやってる? 勉強するため。 同じ漢字を何度も書くのが勉強? んー。効率が悪い。 そう!効率が悪いよね。もっと効率よく勉強するにはどうすればいい? 苦手な字だけ練習する。 そうだよね。もう書ける字は練習しなくてもいい。逆に、苦…

【勉強がうまくできない原因】④根性押せ押せケース

「れ」だけをとにかくやる“非効率・根性タイプ” 一番多いタイプじゃないでしょうか。 質より量のおせおせタイプで「1学期の漢字まとめテスト!」と言われれば、 「1学期に習った漢字をすべて100回ずつ書いてくる!」というパターンです。 量だけは凄ま…

【勉強がうまくできない原因】②③「テ・ぶ」甘々自信過剰ケース

「テ・ぶ」甘々自信過剰タイプ 丸付けが甘い、もしくは表層的な理解でとどまっているのに、自分はもうかんぺき!と思ってしまい、全く勉強をしないタイプ。 器用でなんでも軽々できてしまう子に多い気がします。 「必死に努力する」ということがどういうこと…

【勉強がうまくできない原因】 ①計画性がなく本番に間に合わない/計画だけ立てて満足してしまう

「け」をして満足タイプ。 計画を立てて、なんかもうできた気になっているタイプ 自分で力強く進む根性不足ですね。 「れ」だけの力技で進むタイプの逆です。 こういうタイプにはこれですね。 「できるできないじゃない。やるかやらないかだ!」 大人になれ…

けテぶれ×部活

少し考えてみました。 とりあえず今日、2時間ほどで考えたことをシェアします。 ほとんど出てきたことを逐語的に書き出しただけですが。 皆さんの思考の刺激になれば幸いです。 完成度の高いものを提示するのではなく、思考過程をシェアすることで誰かの思…

けテぶれにうまく馴染めない子に対してどうすればいいのか#ラスト

4.自分で考え、自分で動くこと「知覚動考」 僕はけテぶれを生み出し、子どもたちに紹介し、子どもたちの姿から更に思考を積み上げ、ここまで来ました。 自分で考えたんです。だから語れます。 ここまでヤキモキして読んでこられた方もおられると思います。 …

けテぶれにうまく馴染めない子に対してどうすればいいのか#3

3.ノッてる子を更にのせる。子どもたちを繋ぐ。 教師の性分として、できない子、困っている子がいると、助けてあげなきゃ。なんとかしてあげなきゃという感情が生まれる。 そういう場面を丸々否定するわけではないが、すべてを教師がやってあげなきゃ、転ば…

「けテぶれ」は探求には使えない?

「けテぶれ」はあくまで「自立した学習者」を目指すもの。 けテぶれ世界での「学習」の定義は「自分の外側にあるスキルや考え方を自分の内側に定着させようとする行為」です。 つまり、「答えのある問い」に向かい合うためのもの。 #学習界マンダラもそうで…

けテぶれにうまく馴染めない子に対してどうすればいいのか#2

長期的、全体的、根本的に考える。 これは安岡正篤先生が掲げておられる思考の三原則に基づくものです。 この3視点は多くの問いに対して有効です。 今回は「けテぶれにうまく馴染めない子に対してどうすればいいのか」 この問に対して、長期的・全体的・根本…

けテぶれにうまく馴染めない子に対してどうすればいいのか#1

「けテぶれにうまく馴染めない子に対してどうすればいいのか」 この問に向かい合うために、僕は指導者として「子供達を信じてください」という。 信じて、任せて、認める 教師がまずこの態度を子どもたちに向けてやることで、子どもたちは、自分を信じて、一…

けテぶれにうまく馴染めない子に対してどうすればいいのか#0

◯けテぶれをやると当然、得意不得意が出てくる。 ◯けテぶれは得意不得意を超えて取り組む価値がある。少なくとも決められた範囲を決められた方法で再生するだけの作業のような宿題よりは。 ◯守破離を念頭に。やらされる学習から脱却するために、けテぶれをや…

【作問】みんプリについて。

みんなが作ったプリント。 略してみんプリです。 簡単に言うと、子どもたちが紙に問題を書いて、その問題を友達が解く。という活動。 この活動を整備し、集団学習の一つに位置づけると、非常に高い学習効果を発揮します。 【みんプリの条件】 表に問題、裏に…

けテぶれ×連絡帳

連絡帳… 小学生ならほぼ毎日書きますよね。 その景色を思い出して下さい。 先生が明日の予定を伝え、子どもたちがそれを連絡帳に書き写す。 うん。 まぁこれだけの風景なんですが、 僕にはこれが、ひっじょーーーに、受動的に思えるのです。 僕の大っ嫌いな…

けテぶれ×学習界マンダラ

詰め込みか、自主性の重視か。 教育界はこの2つのイデオロギーの間を行ったり来たりしてきました。 「系統主義と経験主義」と言い表されることが多いですね。 まあ要するに、教科の内容を定着させることを重視するか、学習者の自主性を重視して生活に直結す…

漢字大テスト。クラスの半数が100点。八割が92点以上。

大快挙!!! 漢字大テスト(2学期学習漢字すべての中からランダムで50問出題)で、 33人中、26人が92点以上をとった。つまりクラスの約8割が92点以上ということになる。 さらに92点以上の26人中、16人が100点満点。つまりクラスの約半数が100点ということ…

普通の宿題からけテぶれ学習法にかえて起こること(初期)

いつもの宿題から、けテぶれ学習法の宿題に変えると何が起こるのか。 これからけテぶれ学習法を導入しようとする方には気になるところだと思います。 今回はけテぶれ学習法を始めてすぐ起こる、初期段階の子どもの姿を紹介します。 クラスの15%ほどの児童…

けテぶれ学習法感想集(保護者版)

保護者の方々にもお子さんのけテぶれ学習法を見て感じられたことを書いて頂きました。まだ全員回収できていませんが、書いていただいていることが嬉しすぎるのでフライング紹介します。 いやぁ。保護者の方に理解していただいていることは非常に嬉しいですね…

「けテぶれ学習法」の始め方

「けテぶれ学習法」の目指す子ども像には納得した。 教育効果が高いこともわかった。 じゃあ実際どうすれば取り入れられるの? 2つのポイントを確実に押さえることができれば、「けテぶれ学習法」は動き出します。 ①自分で丸付けをする習慣をつける。 ドリ…

けテぶれ感想集(大人版)

けテぶれ学習法を知ってくださった方、試してくださった方からの感想やコメントをまとめました。同じ方から複数のコメントを頂いている場合もありますが、全て箇条書きで羅列しました。コメントを頂いた方は教育業界の方だけでなく、個人で塾をしている方や…

けテぶれ感想集

けテぶれ学習法に7ヶ月間取り組んだ小学校4年生の子どもたちの感想です。 成績UP 成績が良くなる 100点を取れるまでの道になっている 100点が多くなった けテぶれをするお陰でやり方が分かり成績が上がった。 けテぶれのいいところは前よりテストの…

Q&A 学習法はゴールがテストではなくても、応用可能ですか?例えば、読むこと、書くことなど、その後のその子たちの生き方に関わる部分の学びにも直結させることができますか?

Twitterで質問が来たので答えました。 Question ブログ、興味深く読ませていただきました。その学習法はゴールがテストではなくても、応用可能ですか?例えば、読むこと、書くことなど、その後のその子たちの生き方に関わる部分の学びにも直結させることがで…

「けテぶれ」ポイント集

日々、「けテぶれ学習法」で気をつけていることを書いてみてもらいました。 15分ほどを使って。目的は、みんなが気をつけていることを全員で共有すること。 みんなが書いたことをまとめようとパソコンに打ち替えていると、素晴らしい観点の数々に感動した…

けテぶれ学習法とは何か

この記事を読む前に…多分こっちの記事の方がわかりやすいです。笑 note.mu けテぶれ学習法とは何か 作業的で無意味な小学校の宿題を改革し「自分で学習を進める力=学習力」を高めることをねらって行う宿題(家庭学習)における学習方法。学習内容を確実に定…

自立した学習者としての成長

要約 算数の大テストの点が良くなかったので、「学習法そのものを振り返る時間」を取った。すると、学習方法に関する多くの気付きや成長が生まれた。 根性勝負の膨大な練習量確保という方略 目標達成への必要条件への着目。 やる気のマネジメントが大切であ…

主体的対話的な深い学びの具体例 〜国語科/書くこと/単元名『自分の考えを伝えよう』〜

『自分の考えをつたえよう』 という単元。第1時に当たるので下の表では、一番上の行のような時間配分になる。 子供と教師の持ち時間 本時の目標 「主張」⇒「理由1」⇒「理由2」⇒「主張」という双括型構造を知り、その構造をもった文章を書くことが出来る。…

快挙。漢字の小テストでクラス全員が90点以上を取れた。

今日は月曜日。 いつものように漢字の小テストを行った。 僕は小テストも大テストも、その日のうちに必ず返すようにしている。 だから今日も、いつものように出されたテストに丸をつけていった。 ただ、いつもと違った事があった。 90点より悪い点のテストが…

テストの点がいつも20〜30点だった子が、ある声掛けで100点を連発するようになった話〜けテぶれ学習法〜

要約 全く宿題をやってこず、テストの点もボロボロだった子が、 ある声かけで、とても意欲的に宿題に取り組み始め、小テストで満点を連発するようになった。 学習法も見違えるように良くなり、クラスの多数の子がその子の学習法を真似るようになった。 以下…

教師の仕事は子どもに「深い学び」を与えること

小学校の教師は子どもに「深い学び」を与えることが仕事です。 教科書レベルの知識を伝達することが仕事と思ってはいけません。 明治時代には、知識をもっている人間が教師だけだったので、知識の伝達をするだけで教師の存在価値は保たれましたが、現代では…

必要を生み出せば子どもたちは主体的に対話する-宿題と授業の連動を切り口に-

今まで宿題では自己学習力をつけるべきであり、そのために「けテぶれ学習法」を考案した。と述べてきました。 バックナンバーはコチラ 今日は「宿題と授業の連動」がテーマです。 キーワードは2つ ①学び合い ②子ども先生 です。 ①学び合い 時間内に全員が達…

漢字小テスト⇒大きな分析

月曜日に、2学期になって初めての 「漢字小テスト⇒大きな分析」をやったので紹介します。 「大きな分析」とは、テストまでに自分が行ってきた学習を振り返るというものです。 (詳しくは「宿題をやる子、やらない子」参照) テストの結果はすべて今までの「け…